借金の返済による家計への圧迫と返済遅延で生じる実損

0-77

消費者金融は銀行と比較して借り入れの審査基準が緩いため、フリーターや専業主婦でも利用することが出来ます。また、近年では専用のカードによるATMを経由しての借り入れ手続きが主流になっているため、手軽に利用することが可能です。

その一方で安易な借り入れを繰り返すことで返済金が膨れ上がり、家計を圧迫してしまうケースがあります。特にカードローンはお金借りたい人にとって利用可能な金額の範囲内であれば何度でも借り入れ手続きが出来るため、利用者が借金をしている自覚が薄れてしまう問題があります。

借金の返済は借り入れ額が大きい程家計への負担も増えるため、利用の際は自身の収入で返済出来る範囲内に留めることが大切です。また、返済が滞ると本来の支払いの他、遅延損害金を支払うことになってしまいます。

返済の遅延によって消費者金融に損害を与えたと見做され、補償金として別途支払いの義務が生じます。遅延損害金は適切な返済が継続出来ていれば支払う必要が無い支出なので、返済計画は慎重に組み立てることが大切です。

適切な金銭管理が成されていないのも返済が滞る原因の一つなので、借り入れを行った際は専用の家計簿を作って金額の増減を管理するなど余計な支出が生じないように気を配ります。複数の消費者金融から借り入れを行っている場合は自分でも返済状況を把握出来ないことがあるので、返済の遅延を避けるためにも帳簿の作成は必須です。

借金の踏み倒しによる社会的なデメリットと対処法

0-82

消費者金融からの借り入れ額が膨大になると返済が困難になり、生活に大きな支障が及んでしまうことがあります。そのため、債務者によっては返済を放棄する踏み倒しを実施することがありますが、踏み倒し行為は法的な正当性が無いので借り入れ金の返済義務が消失することはありません。

また、返済義務を勝手に放棄したことによる社会的な信用を失墜させてしまうデメリットがあります。特に金融面については踏み倒しを行ったことによって銀行や消費者金融で共有されるブラックリストに掲載され、新たな融資が受けられない状態に陥ってしまいます。

一度ブラックリストに載ると借り入れや銀行の口座開設などで大きな制約が生じてしまうため、踏み倒しは実行しないのが無難です。返済が困難になった場合は弁護士など法律の専門家に相談を行い、返済計画の見直しを目的とした債務整理を行うのが最適な対処法です。

債務の金額によって最適な整理の方法が異なるので、自身の借り入れ状況や生活の状態を把握して判断するのが負担の解消に繋がります。場合によっては所有している資産の放棄や生活面での制限といったデメリットも生じるので、慎重に手続きを進めることを心がけます。

特に裁判所の認定が必要な債務整理は手続きが完了するまで時間がかかることが多いので、早いうちに整理を実行するのがトラブルを避ける工夫になります。

返済の負担を増やさないための心得

0-81

借金の踏み倒しは返済が困難な状態に陥ったのが原因の多数を占めます。そのため、生活に過剰な負担をかけない返済計画を立てるのがトラブルを避けるための心得です。

返済を行っている間は新たな借り入れを行わないのが負担を増やさない工夫ですが、現在の借り入れは手続きが簡略化されているので安易に利用してしまう問題があります。

特にカードローンは限度額の範囲内であれば何度も利用出来るため、自分でも気づかない内に借金を繰り返して支払い額が膨大になってしまいます。

返済中は新たな借り入れが出来ないように利用停止の手続きを行うなど、自制心を持って返済に取り組むことが重要になります。

借り入れ金の増大は生活上の問題点を解消することでも防ぐことが出来ます。散財は安易な借り入れに直結することから、毎日の暮らしの中で無駄遣いを控えるのが効果的な対処法です。

クレジットカードは利用可能な枠があれば他に借り入れ金があっても使うことが出来るので、カードローンと同様に借り入れ金の返済中は利用出来ないように手続きを踏むのが最適な対処法になります。

借り入れ金の踏み倒しは生活苦に陥ると安易に実行しがちですが、一時しのぎに過ぎないばかりか社会的な信用を大きく損なってしまいます。

社会生活を営む中で返済の勝手な放棄は大きなマイナスとなってしまうことから、著しく大きな負担になった場合は法的に適切な方法で対処するのが社会人としての正しい姿勢です。

法律の専門家に相談することで債務の金額に応じたアドバイスを得ることが出来るので、素人判断による返済の放棄は避けて正しい方法で対処するように心がけます。

消費者金融からの借り入れは上手に活用することで生活に余裕を持たせることが出来ます。安易に利用するのを控え、自身の収入に見合った金額に留めながら家計を圧迫させないように返済計画を立てるのが社会的な信用を保つための心得です。